完工事例

新築/リフォーム|すべて

築40年以上の中古住宅・断熱リフォーム

群馬県桐生市

建築中レポート

1.2022年01月13日
リフォームの現地調査写真
現場確認

2月から始まる「断熱リフォーム」に向けて、
一級建築士兄弟揃って、現場確認を行いました。

弊社では、ご相談・設計を兄が、
現場監督を弟が担当しております。
現場監督も一級建築士というのは、実は珍しいです(^_^)

設計と現場が密に連携することで、
確実&正確に施工してまいります!
よろしくお願い致します。

2.2022年01月16日
中古住宅の室温写真
リフォーム前の室温調査

1月16日、午後10時半のリビングです。
エアコンを25℃設定にして朝から運転していたのですが、
室温は17℃程度...
サーモカメラの写真でもご覧頂けるように、寒いです。

一枚ガラスの大きな窓と、住宅の断熱性能の低さが
寒い原因となっています。

これから約3か月をかけて、
夏涼しくて冬暖かい、快適なお住まいへと変身させます!

3.2022年02月05日
断熱リフォーム、骨組み補強の写真
元の住宅の解体作業終了

元の住宅の壁、天井、床などの解体作業が終了致しました。
これから耐震や断熱性能を高めるための、
改修&補強工事に進んでいきます。

4.2022年02月15日
基礎工事の写真
床組の基礎工事

耐震性能を高めるために、新たに「耐力壁」を設置します。
そのため耐力壁を設置する部分の、基礎工事を行いました。

弊社のリフォームは、見た目をキレイにするだけではありません(^_^)
安心・安全・快適・省エネにお暮らし頂くために、
しっかりと性能もリフォームしていきます!

5.2022年02月15日
構造用合板で囲む工事写真
柱や窓の下地工事

間取りの変更に合わせて、柱や窓枠を施工し、
構造用合板で囲んでいく作業中です。

6.2022年02月19日
サッシ取付下地
サッシ取付下地

リフォーム前と窓の位置や大きさなどが変更となるため、間柱という柱と柱の間に建てる細い柱上の部材や窓を取り付ける下地材を施工しています。屋外と面している部分の工事のため、シートを外しながらの作業となります。

7.2022年02月19日
耐力壁用の合板施工
耐力壁用の合板施工

建物の外回りは、構造用合板で補強です。
建てられた年代のため、筋かいという地震に耐える斜めの部材が不足していましたが、リフォームに合わせてしっかりと補強していきます。

8.2022年03月03日
外部建具の取付
外部建具の取付

新しい外部建具の取付けました。
リフォーム前は、一枚ガラスのアルミサッシでした。リフォーム後は「LIXIL EW」という樹脂サッシとなります。壁、床、天井の断熱とあわせて、窓の断熱改修もしっかりと行いました。

9.2022年03月24日
床の断熱リフォームの写真
床の断熱材施工

床部分は、断熱材を二重に施工!
断熱材を一段施工した上に、さらにもう一段重ねています。
これで足元の冷え対策もバッチリです d(・ω・)

10.2022年03月24日
断熱リフォームの作業写真
外壁の断熱施工

外壁の断熱材施工が始まりました。
こちらの住宅では、断熱材ゼロの状態から、
ZEHレベルの断熱性能にまで、リフォームしていきます。

11.2022年03月25日
天井の断熱
天井の断熱

床・壁に続いて、天井の断熱材を施工です。シルバーに見える部分が断熱材です。
桁といわれる横方向の部材のところで、断熱をしていきます。リフォームのため、隙間なく気密性を確保しながら断熱材を施工するためには、ちょっとした工夫が必要です。この工夫は、断熱リフォームを経験している福富住宅の強みでもあります。

12.2022年03月26日
天井の付加断熱
天井の付加断熱

桁の高さで断熱材(板状の硬質ウレタンフォーム)を施工したあとで、その上にさらに断熱材をプラスしていきます。こちらは高性能グラスウール16K(厚105㎜)です。
夏の暑さ対策には、天井面の断熱強化が重要となります。

13.2022年03月26日
下がり部分もしっかりと断熱&気密
下がり部分もしっかりと断熱&気密

写真の奥は後から増築しあった部分で、骨組みが一段下がっています。そのため縦方向にも断熱材を施工する必要があります。
断熱材施工のポイントは【ひとふで書き】ぐるっと連続していることが大切です。

14.2022年03月27日
電気配線工事
電気配線工事

電気の配線は、室内の天井と断熱材の間で行います。
工事担当はチームスマイルのメンバー、松川電工さんです。

15.2022年03月29日
断熱リフォーム工事の写真
室内の断熱材施工

断熱材ゼロだったお住まいが、
銀色の断熱材で覆われてきました。

壁は「硬質ウレタン」と「高性能GW」で付加断熱しています。
寒い家 → 暖かい家 へと、着々とリフォーム中です!

16.2022年03月29日
オンラインでの打合せ写真
リモートでご報告

こちらのお住まいのオーナー様は、現在東京にお住まいです。
そのため工事の進捗状況のご報告を、工事現場からオンラインで行いました。

弊社ではオンラインでのお打合せや家づくり相談も行っておりますので、
お気軽にご利用ください(^_^)

17.2022年04月01日
換気扇の設置工事写真
換気扇の設置

換気扇が設置されました。
こちらは、三菱電機の「ロスナイ」という第一種換気設備です。

18.2022年04月01日
断熱リフォーム サッシ施工の写真
サッシの取付け
19.2022年04月03日
お庭の桜
お庭の桜

今年の桜は少し早めに咲きましたね。お庭の桜も、リフォーム工事の進捗状況を見守ってくれています。
来年の春は、断熱リフォームをした快適なお住まいで、お花見が楽しめそうですね。

20.2022年04月10日
軒先瓦の復旧作業写真
軒先瓦の復旧

軒先の一文字葺き(ガルバ鋼板)の葺き替えに合わせて、
一文字軒先瓦の復旧作業を行っています。
担当は、館林市の瓦屋さん「小林慶太郎工舎」の小林さん。
寺社仏閣の屋根を得意とする瓦屋さんです。

「屋根瓦は重たいから地震に弱い」という話を聞きますが、
決してそんなことはありません。
問題なのは、屋根材の重量に応じた構造計算を行わないことです。

色々な素材がありますので、そのメリット&デメリットを良く理解し、
きちんと構造計算等を行って計画施工することが大切です(^-^)

21.2022年04月12日
外壁材の施工写真
透湿防水シートと通気胴縁

現在の外壁は、透湿防水シートの上に通気胴縁を施工し、
外壁材の施工を待っている状態です。
断熱リフォームも完了まであと少し!
チーム・スマイルの皆様、よろしくお願い致します"(・ω・*)

22.2022年04月12日
瓦の修復作業の様子
瓦の修復作業

屋根の瓦の修復作業も進んでいます。
写真は、屋根の重なり部分の瓦を修復している様子です。
狭い場所での作業、お疲れ様です。

23.2022年04月13日
無垢の床板張り
無垢の床板張り

リビングスペースは、無垢の床板仕上げ。カバ桜(源平)という種類の床板です。
無垢の床板を施工する場合には、写真にあるように床板の床板の間に、白い厚紙のようなスペーサーを挟み、施工します。これは、床板が湿度によって伸縮するためです。
複合フローリングといって、合板が基材の床板の場合には、隙間なくくっつけて施工しますが、無垢=本物の木では、こうのような施工方法となります。

24.2022年04月17日
断熱リフォーム外壁工事の写真
外壁工事
25.2022年04月17日
断熱リフォームの写真
室内
26.2022年04月20日
内装工事(下地処理)
内装工事(下地処理)

大工さんの工事が終了し、内装工事が始まっています。写真は壁紙を貼る前の工程、下地パテ処理の様子です。
壁の石膏ボードのジョイントやビス跡をパテで埋めて、固まった後にヤスリで平らに仕上げていきます。

27.2022年04月20日
リモコンニッチ
リモコンニッチ

キッチンの壁にあるリモコンニッチ。TVドアホンと給湯器リモコンを設置します。
壁の凹んだ部分は、床板と同じ素材(無垢のカバ桜-源平)で仕上げました。今回は、二つのリモコンですが、そのほかにエアコンのリモコンや照明器具のリモコンなども並べて設置することもあります。

28.2022年04月25日
南側のタイルデッキ
南側のタイルデッキ

リビング掃き出し前には、大きなタイルデッキがありました。
リフォーム前は、昭和感のある光沢タイプのタイルでしたが、温かみのある色のタイルに張り替えました。
タイル工事担当は、チーム・スマイルのメンバー辺見タイルさんです。

29.2022年04月26日
ガス配管の工事
ガス配管の工事

家の北側に埋まっていたガス配管を撤去し、新しいガス配管をします。ガス工事担当は、チーム・スマイルのメンバー、足利ガスさんです。
プロパンガスの場合、料金設定はガス供給会社さんや契約内容などにより、料金はそれぞれ異なる場合があります。今後、長く使用してくことを考えると、単純に安いだけではなく、サポートのしっかりしている会社さんがお勧めです。

30.2022年04月28日
屋外の水道工事
屋外の水道工事

リフォーム工事完成に向け、着々と仕上げが進んでいます。
写真は、屋外の水道&流し台を設置しているところです。写真にあるタイル貼りの流し台は、お客様のこだわりです。設置するブロックも、近似色の化粧ブロックを使い、設置しました。

31.2022年04月28日
造作本棚の塗装
造作本棚の塗装

室内でも、仕上げ工事が進んでいます。写真は造作本棚の塗装の様子です。
「パイン集成材」を使い、大工さんが作成し、床の色に合わせて塗装して仕上げます。カウンター部は高さが70㎝あるため、ちょっと腰かけてもOKですが、机としても使うことができます。
一番下の棚をなくして、キャスター付きの収納ボックスが使えるように工夫しています。

32.2022年04月30日
桐生市 断熱リフォーム済みの室内写真
窓からの景色

お庭の木々と向こうに見える緑、雲と青空、素敵な眺めです。
お住まいの立地にもよりますが、窓には「景色を楽しむ」という大切な役割もあります。
大きな掃き出し窓の左側には、桜の木があります。
来年の春が楽しみですね (^^)

33.2022年04月30日
桐生市 断熱リフォーム工事済みの中古住宅の写真
34.2022年04月30日
カウンタータイプの洗面写真
カウンタータイプの洗面

木目調のシンプルなカウンターに、ブラックの収納三面鏡を合わせました。
三面鏡の両サイドにはコンセント。
壁は撥水性のあるクロスを施工しています。
カウンターとボウルは一体型なので、つなぎ目がなくお掃除が楽々です。

35.2022年04月30日
リフォーム後のトイレ写真
トイレ

淡いグレーのアクセントクロスと、ナチュラルな色合いの棚が良く似合います。
一見するとタンクレスに見えますが、実はタンク有りです。
こちらであれば、水圧を気にせずにご採用頂けます。
(リクシル プレアスLSタイプ)

36.2022年04月30日
造作本棚の写真
造作本棚

腰かけることもできる、造作本棚です。
右半分は可動棚、左半分が腰かけスペースです(^_^)
下にはキャスター付きの収納が入るように、あえて棚を作りませんでした。

 


「地域に根ざした家づくり」

「命を守る家づくり」

足利市・太田市・館林市・佐野市・桐生市

住まいに関するご相談は、
福富住宅へお任せ下さい!

経験豊富な一級建築士兄弟が、
どんなご相談にも丁寧にお答え致します。

 

お問合せはこちら

 

新築/リフォーム - すべて にある

その他の完工事例

ページトップへ