渡邊 雄二 自己紹介へ

最大300万円のリフォーム補助金活用|断熱リフォーム【断熱診断】

2022/11/24(木) 社長ブログリフォーム

パッシブデザイン設計
耐震等級3+制震、高断熱・高気密で、
省エネ性に優れた住まいをご提案!
有限会社 福富住宅 代表の渡邊雄二です。

最大300万円の超大型リフォーム補助金!
【断熱リフォーム|断熱診断

寒くなってくると、断熱リフォームのご相談を
頂く機会が多くなります。

樹脂製内窓の取り付けといったお手軽にできる
窓断熱リフォームや、家じゅうを断熱材で
丸っと包む断熱リフォームなど、
ご相談内容はそれぞれですが、
「今住んでいる家の寒さを何とかしたい!」
というご要望は皆さん一緒です。

本日のブログは、家じゅうを断熱材で丸っと
包む断熱リフォームで、工事を始める前に行う
「断熱診断」についてです。

最大300万円という、超大型補助金を利用する
断熱リフォーム工事に先立ち「断熱診断」
なるものを行いました。

断熱リフォーム工事前の断熱診断の様子

上の写真はセッティングの様子です。
サーモカメラに映し出された画像、
いかにも寒そうですね。
実はこれでも暖房しています。

断熱リフォーム リフォーム工事前の断熱診断

断熱材の施工されていない、建ててから45年断熱材の入っていない、無暖房の家。
そう聞くだけでも、寒さが伝わってきますね、

お客様曰く「この家、寒いよ。」

そんな時こそ、私たちの出番です!

今回の断熱リフォームでご提案した補助金は
〈次世代省エネ建材実証支援事業〉という
補助金制度で、補助金額は対象工事の1/2、
上限300万円という、他に例を見ない
超大型の補助金です。

令和4年度の3次公募に滑り込みセーフ!
来月初めより、工事がスタート致します!

断熱リフォーム後の断熱性能を表す数値
Ua値は”0.43”。新築のZEH基準は楽々クリア!

平家のため、数値が良くなる傾向がありますが
このUa値0.43は、Heat20-G2グレートを
クリアする数値です。

断熱リフォームが完成した後は、
暖かくお過ごし頂けることと思います。

この他にも、色々な補助金制度を活用した
断熱リフォームを多数ご提案。

うちの家、寒くて…。
暖房しても、ちっとも暖かくならない…。
電気代&灯油代が高くて…。
ヒートショックが心配だ…。
補助金って、どうすればいいの?

こんなことが思い当たる方、
福富住宅の一級建築士兄弟にお任せ下さい!

上手にリフォーム補助金を利用して、
寒いお住まいを、暖かく快適にする
断熱リフォームをご提案いたします。

もう、寒いをガマンしないで、
どうぞ福富住宅にご相談くださいませ。

★関連ブログ
 断熱リフォーム 順番が大切です
 間に合いました!
      断熱リフォームの補助金申請

 断熱リフォームも福富住宅にお任せ!
       その効果を測定しています!

 冬季死亡増加率
        栃木県はワースト1位です!

★R3年度の断熱リフォーム補助金を活用した
 工事の様子はこちら☟

築46年の無断熱住宅を
  快適にリフォーム!

 


お住まいに関するご相談は、
経験豊富な一級建築士兄弟とプロの職人集団「チーム・スマイル」にお任せ下さい!

(業務内容)
注文住宅・規格住宅・リフォーム各種

(対応エリア)
足利・佐野・太田・館林・桐生・邑楽
大泉・明和・千代田

お問合せ

※しつこい営業は一切行っておりません
お気軽にご相談くださいませ

1ページ (全29ページ中)