渡邊 雄二 自己紹介へ

足利市の注文住宅 野地板張り

2022/10/29(土) 社長ブログ新築

足利市で家づくりをしている工務店
パッシブデザイン設計
耐震等級3+制震、高断熱・高気密で、
省エネ性に優れた住まいをご提案!
有限会社 福富住宅 代表の渡邊雄二です。

足利市の注文住宅
【屋根の野地板張り

屋根の下から順番に、
屋根下地となる合板を施工していきます。
この上に、屋根の二次防水となる
ルーフィングが敷かれます。
ルーフィングが敷きまでの間は、雨天注意!
ブルーシートなどを使って、雨対策をします。

今回のような大きな屋根では、
合板を運んで

野地板張り 合板運び


仮留めして(奥の大工さんが手作業で仮留め)

野地板張り 仮止め


本締めして

野地板張り 本締め


まるで無限ループ!
山積みされた合板が減っている様子が、
心の支えとなります。

枚数の多い少ないに限らず、
打ち忘れがないように、確認作業が大切です。

本締めに大工さんが使っている工具は、通称「鉄砲」といわれる空気圧で釘打ちができる
道具です。工具のカタログには、エアネイラー
などと記載されています。

先端部分がスライドする様になっていて、
何かに当てないと釘が飛び出さないような
仕掛けになっています。
工事現場から聞こえて来る、バンバンという
連続した音の正体は、こちらの工具の可能性が
高いですね。

コンプレッサーの空気圧を利用した工具は、
床板張りなどにも使われていて、
コンプレッサーの動く音、
エアー工具のバンバンという音、
電動ドライバーの音、
電動丸のこの音が、
住宅工事現場からはよく聞こえてきます。

ご近隣の皆様、工事期間中はなにかと
お騒がせ致しますが、安全第一で作業を
進めて参りますので、
ご理解の程、よろしくお願い致します。

これまでの工事の様子は、こちら!
工事中の今をお届け!『現場レポート』

★こちらのお住まいを会場としてお借りして、
 工事中の様子をご覧いただく
 【工事中の家 見学会】を開催予定です。
 開催日:12/2(土)、4(日)、10(土)、11(日)


【家づくりに関するご相談はこちらから】


11月開催のイベントはこちらから】

省エネなのに快適な家!見学会



 


お住まいに関するご相談は、
経験豊富な一級建築士兄弟とプロの職人集団「チーム・スマイル」にお任せ下さい!

(業務内容)
注文住宅・規格住宅・リフォーム各種

(対応エリア)
足利・佐野・太田・館林・桐生・邑楽
大泉・明和・千代田

お問合せ

※しつこい営業は一切行っておりません
お気軽にご相談くださいませ

1ページ (全29ページ中)