スタッフブログ

渡邊 雄二 自己紹介へ

リフォーム工事の流れ ~ご相談から提案・ご依頼まで~

2021/11/11(木) 日々のお仕事

足利市で家づくりをしている工務店
パッシブデザイン設計
耐震等級3+制震高断熱・高気密で、
省エネ性に優れた住まいをご提案!
有限会社 福富住宅 代表の渡邊雄二です。

 

今住んでいる家のリフォームをしたいけど
どうすればいいの?

特に、初めてリフォームをご依頼される場合
一体、何をどうすればいいの良くわからず、
不安も多いと思います。

そこで、実際のキッチンリフォームを例に、
リフォーム工事の流れ
(リフォームのご相談~提案・ご依頼まで)
をご説明したいと思います。

 

キッチンリフォーム 

STEP.1 ご相談
まずは、ご要望のヒアリングと現状確認。
お客様のお家にお邪魔して、ご希望やお困りごとをお伺いいたします。

 ☑IHにしたい!
 ☑収納が少なくて…
 ☑使い勝手が悪い…
 ☑お掃除が大変で… などなど

こんな事言っても…と思わず、
どんなことでもご相談ください。

<現状の図面>
リフォーム提案|現状の図面

 

STEP.2 ご提案
お伺いしたご要望と現状から、
ご提案プランを作成します。

今回は、L型キッチンの交換がご要望。
ダイニング側の仕切り壁はそのままで、
キッチンスペースでの工事をご希望。

L型キッチンの角にある調理家電類の使い勝手にお困りでした。
また、現在お使いの卓上タイプの食洗器は
ビルトインタイプでOKとの事です。

<ご提案プラン-① L型キッチンの入れ替え>
キッチンリフォームのご提案-L型キッチン

一つ目は、お客様のご希望通り、L型キッチンの入れ替えプラン。
シンク横は、下部が収納棚の電子レンジ棚。
窓側にはカウンターをつくり、炊飯器などの調理家電スペース、下はゴミ箱置きです。

<ご提案プラン-② I型キッチンプラン>
キッチンリフォームのご提案|I型キッチン

こちらは、ダイニング側へ収納棚新設や
窓側への食器棚&カウンター収納をご提案。

冷蔵庫は、ほとんど使用していない勝手口を壁にして、その前に配置しています。

ここで、追加のリクエストを頂きました。
「ガスコンロは壁側につけたい」
「ウォーターサーバーはそのまま使いたい」

そこで、ご提案したのが下のプラン。

<ご提案プラン-③ Ⅱ列タイプのキッチン>
キッチンリフォームのご提案

 ダイニング側の仕切り腰壁はそのままなのでⅡ列型のキッチンの間が少しでも広くとれるように、奥行60㎝のキッチンをご提案。

カウンターの横幅に余裕をもたせ、カウンター上にはコンセントも用意。
シンクやガスコンロの横に、調理家電が並べられるようにしました。

 

暮らしに寄り添ったご提案

ご相談当初のお客様のご要望は、
「古くなったL型のキッチンを新しくしたい」

ですが、キッチンでのお困り事やご要望を
お話しすると、L型キッチンの入れ替えでは、
お困りごとが解決しないのでは?と想い、
I形や2列型のご提案をしました。

最終的には、こちらのプランにて、ご依頼頂きました。ありがとうございます。

 

福富住宅にご相談を頂いた場合には、
こんな感じでご相談を進めていきます。

次回は、工事の様子のご紹介です。
おたのしみに!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 福富住宅のコンセプトは
  「いつもの暮らしを、
       いつでも、いつまでも。」
それを実現するために、
5つのキーワードに基づいた住まいづくりを
ご提案しています。

同じ志を持ったパートナー業者会
「チーム・スマイル」と共に
お客様の暮らしに寄り添う、
顧客密着の工務店です。 

 

 

 

 


「地域に根ざした家づくり」

「命を守る家づくり」

足利市・太田市・館林市・佐野市・桐生市

住まいに関するご相談は、
福富住宅へお任せ下さい!

経験豊富な一級建築士兄弟が、
どんなご相談にも丁寧にお答え致します。

お問合せはこちら

 

記事一覧|2021年11月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ