スタッフブログ

渡邊 雄二 自己紹介へ

足利市での新築注文住宅のご相談

2021/10/13(水)

足利市で家づくりをしている工務店です。
耐震等級3+制震高断熱・高気密で、省エネ性に優れた住まいをご提案しています。
私は、有限会社 福富住宅 二代目代表の渡邊雄二と申します。

 

本日は、足利市で新築注文住宅をご計画しているお客様のところへお伺いして、プランの詳細についてご相談してきました。
今お住まいの住宅の建て替え計画です。実際の工事は、2023年5月からスタートの予定なので、月に1度程度お邪魔して、お話をお伺いしています。

 

はじめてお会いしたのは、2021年5月に開催した「構造見学会」でした。
それまでも、いくつかの見学会や展示場へ出向き、いろいろな会社さんとお話してきたそうです。

「家を建てる」ことは、一生に一度の大きな出来事です。

▯どの会社が、自分たちのためにより良い家づくりをしてくれるのか?
▯親身になって話をきいてくれるのか?
▯口コミ・評判はどうなのか?
▯性能は?、工事の品質は?、デザインは? などなど

依頼する会社を選びまでは、悩みが尽きないと思います。

 

お仕事の関係上、大手ハウスメーカー展示場も見学されたそうですが、住宅性能、特に断熱・気密性能に疑問があったとの事。その後、ネットで断熱性能を売りにしている会社さんを検索、訪問し、福富住宅の構造見学会へお越し頂きました。

その時の私の対応が、福富住宅を住まいづくりのパートナーと決めるきっかけとなったそうです。そう言って頂いたことが、本当に嬉しかったので、紹介させてください。

 

それまでにいった見学会や展示場では、家の性能のことや設備器具のことについて質問しても、その場での回答ではなく、「後日、改めて…」という返事が多かったそうです。そのため、当社の見学会へご来場された際には、A4用紙にいくつかの質問があり、その下に回答欄とメールアドレスが記載された質問状をご用意されてきました。

 

お客様の知りたいこと、聞きたいことにお応えするのが、私の信条。
他の会社さんが標準で採用されている断熱材や換気設備などについても質問が書かれていました。
私は、いつものように、いつも持ち歩いている白紙のコピー用紙に、質問への回答を図解しながら、お伝えしました。

 

白紙のコピー用紙に図解をする様子
その時のものではありませんが、こんな感じです。

 

一通りご質問にお応えした時、「良くわかりました。いろいろと勉強されていますね。」お褒めの言葉を頂きました。
家づくりが好きで、現在の仕事を天職と思っている私にとっては、勉強ではなく楽しみなのですが、日頃の行いを褒められたようで、とてもうれしかっとことを覚えています。

 

長くなりましたが、このQ&Aのやり取りがきっかけとなったそうです。後日、当日お応えした内容を紙に整理して、お礼にお伺いした時にお話しい頂きました。

 

ほとんどの方が、家づくりは一生に一度。初めてのことです。
不安や疑問をそのままにして進めるのではなく、ぜひ福富住宅にお聞きください。いつものコピー用紙に、いろいろ書きながら、一つ一つご説明差し上げます。お気軽にお声がけくださいませ!

 モデルハウス見学のご予約はこちら!

 オンライン相談のご予約はこちら! 

 

ちなみに、いつものように、いつもの白紙のコピー用紙に書きながらお話する様子は、福富住宅のYOUTUBEチャンネルでご覧頂くことができます。
ぜひ下記リンクから、ご覧くださいませ。イイネ&チャンネル登録もお願い致します。

福富住宅YOUTUBEチャンネル動画のサムネイル 福富住宅YOUTUBEチャンネルはこちら!

 

 

私たち福富住宅は、
「いつもの暮らしを、いつでも、いつまでも。」をコンセプトに
それを実現するために、5つのキーワードに基づいた住まいづくりをご提案しています。

同じ志を持ったパートナー会「チーム・スマイル」と共にお客様の暮らしに寄り添う、顧客密着の工務店です。

記事一覧|2021年10月

ページトップへ