スタッフブログ

モデルハウス スタッフ 自己紹介へ

台風14号発生!防災グッズを確認しました

こんにちは!モデルハウススタッフの大竹です。

現在、強い台風14号が沖縄の東の海上を北上中・・・。

今週末には本州にもかなり接近、又は上陸する恐れがあるそうです。心配ですね。

今は大きな被害が出ないことを祈りつつ、できる備えをしていきたいと思います。

 

わが家では「栃木県県民生活部危機管理課」から発行されている冊子を参考に、防災グッズを用意しています。

栃木県県民生活部危機管理課冊子 ← こちらです

栃木県にお住まいの方は、回覧板などで目にした方もいらっしゃるかもしれませんね。

5段階の警戒レベル(避難勧告・避難指示など)ごとに取るべき行動や、ハザードマップのみかた、

避難の際に必要な物などが記載されていて、とても参考になります。

 

この冊子の「用意するものリスト」を参考に、必要なものをリュックサックにまとめていますよ。

避難時に用意するものリスト      防災グッズ  ← わが家の防災グッズです

 

リスト以外のものだと、食品用ラップ・ピクニックシート・ホッカイロ・簡易トイレ・ガムテープ・トイレットペーパー

ノート・ペン・ライター・応急手当ガイド・ビニール袋・サバイバルシートなどを用意してあります。

 

食品用ラップは、断水でお皿が洗えない時や紙皿しかない時にお皿に巻いておくと、

ラップを取り換えるだけでお皿を清潔に保つことができます。

また、火傷や切り傷に包帯代わりに巻いたり、ケガをした部分の固定に三角巾代わりにも使うことができるので、

1本用意しておくと非常に便利です。

 

他には、登山やキャンプなどのアウトドアで使われる「サバイバルシート」も、防災グッズにオススメです。

サバイバルシート

ポリエチレンやアルミなどで作られている薄いシートで、折り畳むとハガキくらいのサイズになります。

防水・防風・保温機能があるため、災害時に救助を待つ間や避難所で、風雨や寒さから体を守ることができます。

軽くてコンパクトなので、家族の人数分用意しておくと安心ですね。

 

今回中身をチェックしたところ、お水とお菓子の賞味期限が切れていました。

確認して良かったです。さっそく新しいものを買い足したいと思います。

 

近年は、台風や大雨による河川の氾濫や土砂崩れ、大きな地震などの災害が増えているように感じます。

日頃から災害に備えて準備をしておくとともに、家を建てる際にも、災害対策が必要ですね。

 

福富住宅では、日本の気候風土で育まれてきた木造塾組み工法に、『耐震と制震』をプラス!

『全棟耐震等級3+制震』をお約束しています。

また土地探しをお手伝いする際には、ハザードマップなどをきちんと確認し、

土地が低くなっていないか、大雨が降った時に浸水しないかも確認しています。

 

みなさまも、ご家族が安心して暮らせる家づくりを!

新築・リフォームなど、住まいのご相談は、ぜひ福富住宅までご連絡ください!

 

記事一覧|2020年10月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ