モデルハウス スタッフ 自己紹介へ

『TRETTIO GRAD』の魅力 ~第3回~

2020/11/06(金) スタッフブログ

こんにちは!

モデルハウススタッフの大竹です。

TRETTIO GRADの魅力第3回では、土間のある玄関をご紹介したいと思います。

 家の中にありながらも、屋外ともとれる不思議な空間の土間。

古い日本家屋でよく見られていた土間は、今またその価値を見直されつつあります。

土間を暮らしに取り入れることで、私たちの暮らしがより豊かなものになりますよ。

 <モデルハウスTRETTIO GRAD 玄関>

TRETTIOGRADの玄関写真(正面)

玄関を開けた正面の風景

TRETTIOGRADの玄関写真(階段からの視点)

階段から見た風景

黒い印象的な扉を開けると、そこには広さ約4帖ほどの土間の玄関が。

和室とLDKの間に位置していて、すのこ状のデッキが、和室とLDKをつなぐ橋がわりになっています。

デッキは自由に動かすことができるので、和室・LDK・玄関を一つの空間としてつなぐこともできますし、 

デッキを外して、和室を個室として利用することもできます。

 LDKから見た玄関 LDKから見た風景

広さがあるので、お外遊びの道具、ガーデニング用品、お子さんのベビーカーや三輪車、自転車など、

屋外で使うモノの収納場所として非常に便利です。

室内にしまっておけば、雨風にさらされる心配や盗難の心配がありませんし、

お手入れも快適な室内で行うことができますよ。

またお子さんが小さいうちは、お天気が悪い日の遊び場としても大活躍!

お部屋の中ではできない砂場遊びなども、汚れるのを気にせずに遊ばせてあげることができますね。

TRETTIOGRADの靴箱内部写真  収納内部(1つ分)

そして、作り付けの大きな収納が2つ付いています。

1つの収納に、大人の靴が約32足も入る大容量!

棚は可動式なので、自由に幅を変えることができ、ブーツや長靴などもスッキリとしまえます。

靴はもちろんのこと、鍵・マスク・ハンカチ・ティッシュなど、お出かけに必要なモノを置いておけば、

お出かけ準備もスムーズにできますし、忘れ物も防げそうです。

TRETTIOGRADの玄関から2階を見上げた写真

玄関から見上げた風景

TRETTIOGRADの2階から玄関を見下ろした写真

2階からのぞいた風景

土間の上部は、吹き抜けになっています。

開放的で、とっても気持ちのよい空間です。

2階の廊下とスキップフロアからのぞきこむことができるので、

「いってきます!」「いってらっしゃい!」など、2階にいながらでもご家族と顔を見て会話をすることができます。

  土間と言うと、昔は寒いというデメリットがありました。

ですが今は、床下にも断熱材を使用することで、その寒さを軽減することが可能になってきています。

もちろん、モデルハウスTRETTIOGRADでも、しっかりと床下に断熱材を入れ、寒さ対策をしていますよ。

 先人の知恵と今の技術を融合して、新しい土間のある暮らしがはじまっています。

ぜひあなたも、福富住宅のモデルハウスTRETTIO GRADで、体感してみてくださいね!

見学のご予約はこちら!

  土間のある玄関     モデルハウスTRETTIOGRAD外観

 


質問がございましたら、お気軽にお問合せ下さい

弊社についてのご質問は「問合せフォーム」にて受け付けております

↓↓↓

問合せフォームを利用する 

1ページ (全24ページ中)