渡邊 雄二 自己紹介へ

間に合いました!断熱リフォームの補助金申請

パッシブデザイン設計
耐震等級3+制震、高断熱・高気密で、
省エネ性に優れた住まいをご提案!
有限会社 福富住宅 代表の渡邊雄二です。

間に合いました!
【断熱リフォームの補助金申請

 つい先日のブログで書いた、断熱リフォーム
補助金申請ですが、無事に受付になっていた
ようで、ひと安心です。というのも、補助金の事務局となっているSIIより質疑のメールが届いたからです。

通常の補助金申請、質疑が届く=書類に訂正があるということなので、あまり喜ばしいことではありません。しかし今回に限り話は別。
『質疑が届く=審査対象=間に合った!』
本当に、滑り込みセーフです。

というのも、先日も書きましたが、
「次世代省エネ建材実証支援事業」という
長い名前の補助金制度で、まるっと家の外側を断熱材で包み、サッシも入れ替えで、
なんと!最大300万円もの補助があります。

こんな補助額の補助金制度は、私の知る限り
他にはありません。

最大300万円もの補助金がでるのか、
実は、無断熱又は低断熱の家が多くあり
住む人の健康や省エネルギーを考えると
既存住宅の断熱リフォームを進める必要が
あるからと、考えられます。

下のグラフにあるように、90%の住まいが
現行基準にも満たない断熱性能だそうです。
日本が化石賞をこれ以上もらわないためにも
私たち住宅をつくるものが、しっかりと
ご提案していかなければいけませんね。

 
で、今回のまるっと家の外側を包む断熱には
リクシルのスーパーウォールーリフォームを
採用しています。

福富住宅の新築では、スーパーウォールが
標準仕様ですが、まるっとリフォームも
スーパーウォールです。

築46年の断熱材の入っていないお住まいが、
今回の断熱リフォームをすることによって
断熱性能を表すUa値:0.43となります。

リフォームするお住まいが平屋のため、
実際の断熱性より計算結果は良くなりますが
世間でいう所の「ZEHの外皮基準 Ua値0.6」は
クリアします。

そんな断熱リフォームをすると
下のような効果があります。


★実際に昨年度の補助金で断熱リフォームした効果や体験談は、下のブログをご覧ください。
 断熱リフォームも福富住宅にお任せ!
 断熱リフォームの見学に行ってきました

★断熱リフォームの工事の様子はこちら↓
 築46年の無断熱住宅を快適にリフォーム

この補助金制度では、工事が終了した後に
その効果を実測し、報告する必要があります。

で、その起源は2023年の1月末。
これから忙しくなりますが、チーム・スマイルみんなで力をあわせて、取り組んで参ります!

どうぞ、よろしくお願い致します!

【11月 12月のイベント案内】

イベントの詳細&ご予約は画像をクリック!

イベントの写真

イベントの写真

 


お住まいに関するご相談は、
経験豊富な一級建築士兄弟とプロの職人集団「チーム・スマイル」にお任せ下さい!

(業務内容)
注文住宅・規格住宅・リフォーム各種

(対応エリア)
足利・佐野・太田・館林・桐生・邑楽
大泉・明和・千代田

お問合せ

※しつこい営業は一切行っておりません
お気軽にご相談くださいませ

1ページ (全29ページ中)