モデルハウス スタッフ 自己紹介へ

【断熱リフォーム後のお宅訪問】初めての夏、涼しくなりましたか?

2022/08/18(木) リフォーム

断熱リフォーム

2021年の冬に築46年のご自宅を
『断熱リフォーム』させて頂いたお客様宅へお邪魔してきました。

70代のご夫婦2人暮らしで、
断熱リフォーム前のお住まいは、断熱材が施工されていない「無断熱住宅」でした。
そのため、冬になると室内は氷がはる一歩手前の寒さになり、夏はいくらエアコンをつけても暑い状態に....
「でも古い家だし、私達も高齢だから...」と、暑さ&寒さは諦めていらっしゃったそうです。

そんな中、弊社に外壁のリフォームをご相談頂いたのがきっかけで、全面的な断熱リフォームをさせて頂くこととなりました。

今回は断熱リフォーム後に、冬 → 春 → 夏 と実際に生活されての「住み心地」生活の変化」「感想」などを色々とお伺いしてきましたので、これからリフォームされる方や、ご自宅の暑さ&寒さにお困りの方は、ぜひ参考になさって頂ければと思います(^^)


社長&大竹:
こんにちは!お久しぶりです。
その後、住み心地はいかがですか?

奥様:
友達が来ると、
「この家は気持ちがいいね」「空気がいい」
って言うんだけど、なんでだろう?
特別何もしてないんだけど?

社長:
ん~...それは、部屋の中の温度差が少ないからかもしれないですね。断熱材がしっかり施工されていないお家は、この時期エアコンの当たっている場所しか涼しくならないんですよ。
だから体の、エアコンの当たっている所は冷たくて、当たっていない所は暑くなってしまいます。冷気が溜まりやすい足元は冷たくて、天井の熱が伝わる頭は暑い。
そうすると常に体が温度差を感じてしまうので、気持ち悪く感じるんです。
このお家は断熱リフォームしたので、屋根からくる熱をカットできているし、冷房もしっかり効くから、お部屋全体が涼しくなっています。体が温度差を感じないので「気持ち良い」と感じるんだと思います。

大竹:
お部屋も閉め切らなくていいから、空気の流れも良いのかもしれません。解放感があって、私も気持ちよく感じます♪

断熱性能のイラスト

 

 

大竹:
エアコンは、1台だけしかつけてないですか?

ご主人:
1階はこれ1台しかないから。笑
エアコン1台つけて、全部の部屋の扉を開けておくと涼しくいられるよ。
涼しくなったから、妻は1階の物置を寝室にして寝てるよ。
以前は夏になると、玄関で立ち話する時に玄関の戸を開けっぱなしにしてたんだよ。外より部屋の中の方が暑かったから。でも今は、玄関の戸をしめて話をするようになったから、蚊も入ってこなくて快適 ♪

大竹:
なるほど!そんな利点もあるんですね。
エアコン(14帖用)の設定温度は何度ですか?

ご主人:
今は26℃。最高気温が40℃近い日に、27℃にしていたらさすがに暑くて。笑
それから暑い日には1度下げて26℃にしているよ。

大竹:
キッチンやトイレは暑くないですか?

奥様:
全然大丈夫だよ。

イラスト

ご主人:
実は、冬から春になる頃、暖房なしでも部屋がとても暖かかったから、これは夏どうしようと二人で心配してたんだよ。
夏はものすごく部屋が暑くなっちゃうんじゃないかって。でも実際は、エアコンがよく効くから全然大丈夫だったね。

奥様:
朝エアコンをつけると、すぐに涼しくなる!
こんなにも違うのかってくらい。
エアコンを消して外出しても、帰ってきた時にまだ涼しいもんね。

 

 

社長:
冬はどうでしたか?

奥様:
冬は2枚重ねの厚い毛布を使ってたけど、いらなくなったから処分したよ。毛布をしまってた場所が空いたし、冬に布団を交換する手間が省けて助かっちゃった。

社長:
他のお客様でも、布団を捨てたという方が多いんですよ。布団はかさばるから、少ない枚数で過ごせる方が良いですよね。

ご主人:
家にいて寒くないのが、体が楽。それが普通なんだけどね。前は本当に氷がはる一歩手前だったから。笑
今は、灯油やヒーター、コタツも使わないから、
燃料代も節約できてるよ。

 

断熱リフォームの写真

ご主人:
今回室内はリフォームしていないから、
断熱リフォームを知らない人は、外壁の工事だけしたと思うよね。
見た目は変わらないのに、室内が以前よりも快適だから、不思議に思うみたい。笑

社長:
そうですよね。
何か月も何を工事してたのかと。笑

奥様:
友達に「断熱リフォーム」って言っても、みんな知らないもんね。こんなに良いのに、なんでやらないんだろう?

社長:
断熱リフォームがあまり知られていないというのもありますし、どこの業者でもできるわけじゃないですからね。

ご主人:
こんな工事してる会社は見たことないって、電気屋さんも何度も見に来てたよ。珍しかったみたいだね。熱心に質問してたから。

社長:
断熱リフォームがもっと広がると良いんですけどね。断熱って健康にもすごく良いんです!
住宅に断熱材が入っていたから、熱中症にならなかったり、ヒートショックが予防できることもあるので。

 

 

社長:
断熱リフォームされてみて、いかがでしたか?

ご主人:
古い家にそんなことして、もったいないって言われたこともあるけど、やって本当に良かったと思っているよ。補助金も使えたし。

奥様:
補助金が使えたのも、リフォームを後押ししてくれたね。補助金があるなんて、社長が教えてくれなきゃ知らなかったから。知らないと使えないでしょ。

社長:
補助金を使うにも、断熱性能を計算したり報告したり、色々と勉強しないといけないので、できない業者さんもいますからね。知ってても、手間がかかるからやりたがらない人も多いし。福富住宅はしっかりと補助金もご案内していきます! 

リフォーム補助金

 

大竹:
他に何か変化はありましたか?

奥様:
静かになったのもびっくりした!
外の音も気にならなくなったし、
うちは縫製の仕事をしているけど、ミシンの音が外にもれなくなったから、お隣さんに「仕事いてないの?」って言われたよ。笑

ご主人:
結露をしなくなったよ。サッシの掃除をしなくていいのが、こんなに楽だなんて!以前は窓がびちゃびちゃだったからね。

大竹:
それは良かったです(^-^)

社長&大竹:
お忙しいところお邪魔しました。
何かありましたら、ご連絡ください!


今回は、築46年のご自宅を「断熱リフォーム」させて頂いたお客様に、断熱リフォーム後の暮らしの変化や、冬の寒さ、夏の暑さをお伺いしてきました。

断熱リフォームはまだあまり知られていないので、きっと決断されるにはご不安もあったと思います。ですが今回、断熱リフォームをして良かったとおっしゃって頂けたので、私たちもとても嬉しく思いました。

福富住宅ではこれからも「住宅の性能」にこだわり、安心・安全・快適・省エネな暮らしをお客様にご提案してまいります。

足利市周辺で新築やリフォームをお考えの方は、ぜひ弊社までご相談ください!
経験豊富な一級建築士兄弟とプロの職人集団「チーム・スマイル」があなたの住まいづくりをお手伝いさせて頂きます。

 

福富住宅のスタッフ写真

この記事は、栃木県足利市の工務店(有)福富住宅の大竹がお届けしました。
私達は創業52年。信頼と実績ある地域密着の工務店です。
パッシブデザイン設計・高耐震・高断熱・高気密の高性能住宅をご提案し、安全・安心・快適・省エネな暮らしを実現します。
新築もリフォームも、住まいのことは福富住宅にお任せください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

NEXT→

リフォーム

1ページ (全25ページ中)